プレゼンする女性
インデラルを通販して脱・あがり症!   >   だからインデラルが効く

だからインデラルが効く

薬で症状改善

誰でも緊張するとドキドキしたり、いつもより汗をかいたりするものです。
しかしあがり症の人は、その症状がとても大きく現れてしまいます。
どうしてこんなに呼吸が荒くなるのか?
どうしていつまでも冷や汗が止まらないのか?

これはメンタルが弱いからではなく、交感神経の働きによるもの。
自律神経のひとつである交感神経は、日中の活動を司る神経です。スムーズな活動のために心拍数や体温、血圧を上昇させますが、その作用が顕著に出てしまっているのが「あがり」の症状。
どんな人でも緊張や不安によって自律神経が優位になりますが、あがり症の人は過剰に反応してしまうのです。

つまり交感神経の働きを抑えることができれば、ふるえや動悸、発汗などの症状を和らげられるということ。
インデラルの主成分であるプロプラノロール塩酸塩は、交感神経の受容体をさえぎる作用があります。
緊張を感じた際には血中のノルアドレナリン値が上昇し交感神経を刺激しますが、インデラルを服用することでノルアドレナリンと交感神経をつなぐβ受容体を遮断。
緊張が身体症状につながるルートがなくなるので、ふるえたり過剰に汗をかいたりという症状が抑えられるのです。

薬で改善できるとわかれば、緊張を強いられる仕事やイベントが控えていてもうまくやり過ごせますよね。
「あがるとふるえてしまって、よけいに緊張感が増す」といった負のスパイラルも終わらせることができるはず。

緊張してあがってしまうのは性格が弱いから・・・と諦めるのではなく、社会生活を送るためのサポート役としてうまく薬を活用していけるといいですね。