プレゼンする女性

インデラルの通販はお早めに

ネットで買いもの

あがり症の改善薬として頼りにされているインデラル。内科や心療内科で処方されるほか、通販(個人輸入)でも購入が可能です。しかし2017年、厚労省が輸入規制の対象になると発表。2018年以降に実施予定で、通販で購入していた人にとってはダメージの大きなニュースです。

詳細を確認する

通販におけるリスクヘッジ

通販の怖さ

通販で購入できるインデラルですが、海外の医薬品を顔の見えない相手から購入するという行為には少なからずリスクも存在します。悩みを解消するために買った薬がトラブルのもとになっては大変。危険を避けるための方法を考えておきましょう。

詳細を確認する

インデラルでアガらない自分

ビジネスマンの安心

ほんの2〜3人の前で話すだけでも緊張で呼吸が荒くなってしまう…
言いたいことも言えず、しどろもどろになっていつも恥ずかしい思いをしている…

など、ちょっとしたことですぐにあがってしまう「あがり症」を自覚し、悩まされている人は多いのではないでしょうか?

ドキドキと鼓動が早くなったり、顔や手が汗まみれになったり、手先や足が震えたり。
自分ではどうしようもない身体の症状のせいで、さらに緊張してしまうという悪循環。
あがってしまうのは体質や病気によるもので、「気の持ちよう」で治せるものではありません。
大人になればなるほど常識的な行動を求められ、あがってしまう自分は劣っているのではないかと悩みを深めているのかも。

授業での発表や、業務上のプレゼンテーション、毎日のミーティングングなど、あがってしまう場面というのはたくさん。
しかしあがるという症状は、内服薬で抑えることができるのです。
ポピュラーなのが「インデラル」という薬で、有効成分のプロプラノロール塩酸塩が心拍数を落ちつけて心臓を休ませてくれます。
あがってしまうことで現れる症状=顔のほてりや動悸、冷や汗、ふるえなどを抑えられるので、社会生活を営むうえでインデラルの服用が大きな解決につながるはず。

医療機関で処方してもらうことができますし、あがり症は悪化すると対人恐怖症やパニック障害を発症してしまう場合もあるので、気になっている人は早めの心療内科やメンタルクリニックの受診を。

インデラルは飲み慣れている、もしくは病院には抵抗があるけどインデラルを試してみたいという人は通販で買ってみるのもおすすめです。

海外医薬品の専門サイトで取り扱われているので、購入はカンタン。あがり症の自分から抜けだせる日はすぐ近くかもしれません。

性格を考える

アガるのは性格より体質

自分はあがり症だから・・・と人前に出ることを諦めていませんか?あがりのせいで顔がほてる、冷や汗をかく、手足が震えるといった症状は、体質によるもの。気の持ちようや根性で改善は困難ですが、薬で抑えることができます。

詳細を確認する

薬で症状改善

だからインデラルが効く

あがり症は性格的な問題ではなく、体質的なもの。動悸やふるえ、発汗といった症状の改善にはインデラルの服用が有効です。あがり症が起こるメカニズムとインデラルの働きについてみていきましょう。

詳細を確認する

ビジネスマンが教えるポイント

インデラルの効果的な飲み方

インデラルは心拍数や血圧を低下させる働きがありますが、どんなタイミングで服用するのが正解でしょうか?症状が現れてから?症状が出る前?あがりの症状を緩和するための効果的な服用方法についてご紹介します。

詳細を確認する